任意整理のデメリットとは?※後悔しないよう必読

借金に関して手続きの方針で迷ったときには、弁護士や司法書士にアドバイスをもらうのもおすすめです。自己破産のように借金を免除してもらえる手続きが誰にでも最適とは限りませんし、人によっては挟んできても借金を免除してもらえないこともあります。また、自己破産や個人再生といった手続きを行った場合、官報に掲載されますので、万が一にも人に知られる可能性もありますし、ヤミ金などからダイレクトメールが頻繁に来るようになったという人もいます。
一方で、任意整理というのは、業者に直接交渉して、支払い方法を変更するというものです。この手続きは官報に掲載されることもありませんし、比較的スピーディーに解決しますので、規模の小さい借り入れには有利です。また、任意整理では利息を引き直し計算していますが、2010年よりもマイから取引がある人は、大体減額か過払い金が発生しますので、手続きをしたほうがかなり楽になります。
とはいえ、任意整理にもデメリットはあります。まず、法的手続きに比べて、借金を全額払わなければなりませんので、借り入れ状況によってはそれほど負担が軽減されません。また、大きなデメリットとしては、債務整理をしたことが信用情報に記載されてしまいますので、数年間は新たにローンを組んだり借り入れをすることができなくなります。もちろん、クレジットカードも停止されます。これらのデメリットと比較して、メリットが大きいと判断したら手続きをしましょう。