任意整理後のクレジットカード※一生使えない?

任意整理をすると、信用情報機関に登録されます。
登録される信用情報機関とは、世間一般ではいわゆるブラックリストと呼ばれているものです。
つまり、任意整理をすると、ブラックリストに登録されてしまうわけです。
ブラックリストに登録をされると、さまざまな影響を受けます。
その中でも不便だと実感することが多いのは、クレジットカードが使えなくなることです。
最近はショッピングだけではなく、家賃や公共料金の支払いにもクレジットカードが使われています。
任意整理をするとクレジットカードが使えなくなるわけですから、今後の家賃や公共料金お支払いは、銀行振り込みなどで支払わなければいけません。
もちろんクレジットカードが使えないので、ショッピングをするときもすべて現金払いです。
任意整理をして生活にゆとりが出て、少し高額な品物を買おうとするときにも、現金で一括払いをしなければいけません。
ブラックリストに登録されたことによって、生活全般が不便になるのです。
しかし任意整理をして使えなくなるのは、クレジットカードだけです。
クレジットカードと同じように使うことができるデビットカードは、任意整理をしてブラックリストに登録されても使うことができます。
家賃や公共料金もデビットカードで支払えますし、ショッピングでも使うことは可能です。
任意整理をした後に、これまでのようにクレジットカードを使いたいなら、デビットカードを代わりに使うようにしましょう。