任意整理の費用はいくら.com

債務整理を弁護士へ依頼した場合は必ず弁護士費用を支払わなければなりません。この費用は、弁護士事務所によって異なり、また債務整理の方法によっても異なります。
債務整理の弁護士費用の体系を方法別に見た場合、もっとも多様で複雑な料金体系になっていることが多いのは任意整理の場合です。弁護士に任意整理による債務問題の解決を依頼した場合にかかる費用には着手金、成功報酬、減額報酬、過払報酬の4種類があります。
着手金は弁護士が弁護活動に着手するにあたって支払う料金のことで、任意整理の場合は交渉を行う債権者の数によって料金が変動します。着手金の相場は、商工ローン業者などが相手となる特殊なケースでは1債権者あたり5~10万円となっており、それ以外の債権者は1債権者あたり2~5万円となっています。中には完全成功報酬制を採用し、着手金を無料としている弁護士事務所もあります。
弁護士に事案の処理を依頼した場合は、処理の成功の度合いに応じた報酬金の支払いが必要となります。任意整理では報酬金として成功報酬、減額報酬、過払報酬の3種類が設定されることが多いです。成功報酬は着手金の金額を基準として定められることが多いです。減額報酬は圧縮に成功した債務の金額に応じて変動する仕組みとなっており、減額された債務の10%前後にあたる金額が相場となっています。過払報酬は返還された過払い金の金額によって増減する仕組みになっており、返還額の20%前後にあたる金額が相場となっています。この報酬金は、完全成功報酬制を採用している弁護士事務所では高めに設定されていることがしばしばあるので、料金表を見る際には注意が必要です。 

 

任意整理は、借金の返済の見通しが立たなくなった個人が、法律問題にくわしい弁護士・認定司法書士を通じて、借金をした相手である銀行・消費者金融業者・クレジット会社などに対して交渉をすることにより、借金の金額を減らしたり、返済までの期間を引き延ばしたりする方法のことをいいます。
個人で直接交渉することもできないわけではありませんが、借金の返済を滞納しなければならないほど信用力のない相手との交渉に応じる銀行などはまずあり得ないと考えられます。
そこで知っておく必要があるのが、任意整理を弁護士などに依頼したときの費用の相場はどれくらいかということです。
ひとくちに費用の相場といっても、住んでいる地方によっても基準が異なりますし、弁護士の事務所と依頼者の自宅とが距離的に離れているような場合には、それだけ余計な交通費などがかかりますので、ぴったりとした金額を提示することはできません。
だいたいの相場の目安になるものとしては、東京に所在する弁護士会が共同で立ち上げている法律相談センターの報酬基準が挙げられます。
これによると、依頼をした際の着手金として5万円、3社以上の場合は債権者数に2万円を掛け算した金額が必要となります。次に、弁護士の報酬金として債権者数に2万円を掛け算した金額、さらに交渉によって減額に成功したときは、残りの元金のなかで請求を免れた金額の10パーセント相当の金額が必要とされています。
多くの弁護士事務所ではこの報酬基準に準じていることが多いことから、任意整理を弁護士に依頼する場合の費用の相場を知る手立てとなります。